夫が妻に贈るクリスマスプレゼントの相場は?喜ばれるおすすめのプレゼントを紹介

1年を通したイベントのなかでも、愛し合う2人が特に盛り上がるシーズンが「クリスマス」です。1年の締めくくりとなる特別なクリスマスは、ディナーを楽しんだり、デートスポットに出かけたりする人もいるでしょう。また、クリスマスにはプレゼントの交換をする人も多く、アイテム選びや予算について頭を悩ませている人も多くみられます。愛する人に贈るクリスマスプレゼントの一般的な相場は、一体いくらなのでしょうか。ここでは、夫が妻に贈る場合のクリスマスプレゼントの一般的な相場について紹介します。

妻が喜ぶプレゼントをしよう

クリスマスには何を贈る?気になる予算について

愛する人へのクリスマスプレゼントは、相手が喜ぶものを送りたいものです。プレゼントを選んでいると、一般的にどのようなものが喜ばれるのか、一般的な予算はどの程度なのか、気になる人もいるでしょう。クリスマスプレゼントは贈る相手によっても、大きく一般的な相場が変わってきます。アンケート調査の結果をもとに、それぞれの一般的な相場について見ていきましょう。

クリスマスプレゼントにかける全体の平均的予算は?

2018年に楽天インサイトが1000人を対象に実施した「クリスマスに関する調査」によると、クリスマスプレゼントにかける全体の平均的予算は「8477円」という結果でした。2017年に同社が行った調査では、クリスマスプレゼントにかける全体の平均的予算は8959円であり、減少傾向といえます。クリスマスプレゼントにかける予算は4000~5000円と回答した人が最も多く、二番目に多かったのは7500円~10000円以内、三番目に多かったのは2000~3000円以内という回答です。なお、贈るプレゼントの男女別平均額では、20代男性の場合1万610円、30代男性の場合1万203円、男性40代の場合8897円です。男性50代の場合は1万2274円、男性60代の場合は8906円という結果でした。

一方、20代女性の場合は7889円、30代女子絵の場合は7341円、40代女性の場合は6685円です。50代代女性の場合は7219円、60代女性の場合は6226円というデータがあります。20代男性の平均的予算が1万円を超えるのに対し、20代女性の平均的予算は7889円と、男女間でクリスマスプレゼントにかける金額の差がみられる結果といえます。贈りたいプレゼントについての調査ではパートナーへは「衣類」、親・友人・同僚へはお菓子やお酒などの「食品」という回答が最も多くみられました。このことから、パートナーへのクリスマスプレゼントは「形に残って普段使いしやすい」もの、親・友人・同僚へのクリスマスプレゼントは「形として残らず消費できる」ものがトレンドとしてうかがえます。

夫から妻へクリスマスプレゼントを贈る場合の一般的な相場は?

妻から夫へクリスマスプレゼントを贈る場合の一般的な相場は、おおむね1~3万円程度のようです。なお、マイナビウエディング編集部が調査した結果によると、付き合ってから初めてのクリスマスプレゼントを贈る場合、一般的な相場はおおむね5000円~1万円以内です。初めてのクリスマスプレゼントに高価なものをもらうと、相手に気を使ってしまうという回答から、交際年数によってプレゼントの予算を考慮している人が多い様子がうかがえます。このような理由から、5000円~1万円以内は相手にとって負担になりにくく、安心してプレゼント選びができる価格帯として人気なのでしょう。1万円以内で相手に喜ばれやすいプレゼントとしては、ルームウェアやパジャマなどが挙げられます。

ルームウェアやパジャマは多くの人が活用するものであり、大切な人からのプレゼントを自宅で身に付けて過ごせると人気なのです。ルームウェアやパジャマは、1万円以内でも上質な素材を使用したアイテムがあります。たとえば、コットン素材は肌触りが良く、着心地がやさしいのが特徴です。季節を問わず使いやすい万能性も魅力でしょう。フリース素材は軽くてあたたかいのが特徴で、寒い時期に重宝します。ふんわりとやわらかい素材が、気持ちをリラックスさせてくれます。夫から妻にクリスマスプレゼントを贈る場合は、ペアデザインのルームウェアやパジャマをプレゼントするのも良いでしょう。

それに加えて、クリスマスプレゼントの定番である「アクセサリー」を贈るのも一案です。リングやネックレスなどの華やかなアクセサリーは、クリスマス気分を盛り上げてくれます。アクセサリーのなかでも、ネックレスは首元に身に付けるため人目に付きやすく、顔周りをパッと華やかに演出してくれるアイテムです。なかには、クリスマス限定デザインのネックレスを販売しているブランドあります。限定デザインのアクセサリーは、より特別感のあるプレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか。

また、ポーチやキーケースなどの小物をクリスマスプレゼントとして贈っても喜ばれます。シンプルなデザインのポーチやキーケースなら、プライベートシーンだけではなく、ビジネスシーンでも活用できるのがポイントです。もしも、プレゼントを贈る相手がブランド好きで予算に余裕がある場合は、好みのブランドの小物類を送るのも一案です。ブランドによって価格帯は異なりますが、ポーチやキーケースなどの小物類であれば、1~3万円程度で購入できるアイテムもあります。事前に相手が好きなブランドと価格帯を下調べしておくと、プレゼント選びに失敗するリスクを低減できます。

一般的な予算を参考にクリスマスプレゼントを選ぼう!

各社が行った調査の結果、社会人同士でクリスマスプレゼントを贈る場合の一般的な相場はおおむね1~3万円、学生がクリスマスプレゼントを贈る場合の一般的な相場はおおむね1万円以内という結果でした。一般的な予算を参考にすることで、プレゼント選びをしやすくなるはずです。おおまかな予算が決まったら、予算別×ターゲット別におすすめのクリスマスプレゼントを紹介している関連記事を見て、実際にプレゼントを選んでみましょう。

詳細情報

■楽天インサイト「クリスマスに関する調査」(2018年)
>>詳細な調査結果を見る

■楽天インサイト「クリスマスに関する調査」(2017年)
>>詳細な調査結果を見る

■ネストエッグ「クリスマスプレゼントに関する調査」
>>詳細な調査結果を見る

◆贈る相手・予算別で探すクリスマスプレゼント
大切な人が喜ぶプレゼント選びのコツ

情報は2018年12月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報