“おひとりディズニー”の達人が伝授!小宮山雄飛流ディズニーコース

「おひとりディズニーの楽しみ方は自由」という前提はありつつ、小宮山雄飛さんがおすすめする一日のコースを一例として紹介。雄飛さんのコメントも参考に、自分ならではのおひとりコースを見つけよう!

(C)Disney

エントランスでグリーティングをしていたミッキーと、手をつないで2ショット撮影。「ミッキーと会えるとやっぱりうれしい。何かいいことが起きそうな気がしてきます」(雄飛)

■東京ディズニーランド編

・1 朝食を食べながら、一日の予定を立てる

アトラクションへ急ぐゲストを横目に、「朝からがっつかないのがおひとりのプロ」という雄飛さんは、センターストリート・コーヒーハウスで優雅な朝食からスタート。おなかを満たしつつ一日のスケジュールを立てる。店内で同じように食事をするゲストを見て「プロの集まり」と話す雄飛さん

(C)Disney
(C)Disney

・2 ウォルト・ディズニーに思いをはせながらパークを散策

アメリカ・ニューオーリンズの街を彷彿とさせるロイヤルストリートを、のんびりと歩いてみる。「パークは街並みがきれいで雰囲気もあるから、歩いているだけで楽しい。ベンチに座ってぼんやりするのもいいと思います」(雄飛)

(C)Disney
(C)Disney

・3 ひとりディズニーのお供にカレーポップコーンを購入

ポップコーンワゴンにて、ポップコーンのなかでも大好きなカレー味を購入。「一人はなんだかんだいって手持ち無沙汰なので(笑)、食べ歩けるものを買って寂しさを紛らわします」(雄飛)。

(C)Disney

ポップコーン、バケット付き¥2,300。「カーズのバケットはおみやげに」(雄飛)

・4 スマホで比較的すいているアトラクションをチェックして乗る

「なるべく並ばないのがおひとりディズニーの鉄則」(雄飛)ということで、常にアトラクションの混雑状況をチェックして、並ばずに体験できるタイミングを見計らう。この日は蒸気船マークトウェイン号を体験。見知らぬ人に手を振ってみても、パークでは意外と振り返してくれる。

(C)Disney
(C)Disney

・5 おひとりらしい写真を撮る

せっかく一人で来たなら、近くのゲストにお願いしてとことん“おひとり感”のある写真を撮ってみる。「なるべく人の少ない渋いポイントを選びます」(雄飛)。

(C)Disney

・6 おみやげを買う

おみやげの購入を忘れずに。「一人でディズニーを満喫した以上、おみやげは一緒に行けなかった人へのマナーです」(雄飛)。

(C)Disney

さぁ、これで「おひとりディズニー」の楽しみ方はカンペキ!ぜひ小宮山流を参考に、ディズニーを堪能しちゃおう!!

詳細情報


※本記事は、12/4発売「おひとりさまWalker」から転載しました。

「おひとりさまWalker」発売中!

本ムックでは、「ひとりでしたい100のこと」「ひとりメシ」など、「おひとりさまに向けた読み物」が満載。一人の時間をより豊かにしてくれること間違いなし!




【クリぼっち上等!おひとりさまでクリスマスを楽しむ、クリスマス特集内おひとりさま専用トピックス】はココからチェック!もう寂しくない!?

情報は2017年12月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報